日本初! AI開発 見積もりサービス EstiMake/AI

日本初! AI開発 見積もりサービス EstiMake/AI

EstiMake-AIは、お見積りからAI・ディープラーニング(深層学習)プロジェクト全体のプロデュース、コンサルティング、設計、開発まで対応します!

Question : AIとは・・・?

Answer: AIとは・・・
人工知能(artificial intelligence)の略です(以降AI)。
最近deep learningという言葉を聞くことも多いと思いますが、それもAIの技術の1つです。
AIは音声の認識、自然言語処理、画像の認識、情報の検索、コンテンツの推薦、金融データの解析など多岐に渡る分野で応用されており、センサー増加によるビッグデータ蓄積やコンピューターの進化により急速に注目を浴びています。 日本AI市場は、2015年の3兆7450億円から、2030年には87兆円に拡大すると予想されています。 AIの巨大なマーケットが今生まれ始めています。

EstiMake-AIの分類

一般に、AIプロダクトの実現化には、下図の各項目について必要事項を詳細に洗い出し、設計する必要があります。 これらを複数業者への見積依頼をすると時間や金銭的なコストが膨大にかかります。 また、各項目について幅広く、深く専門知識がないと、予算、納期などの制約がある中で最適解を得ることが困難です。 本サービスでは、 そのような制約を考慮した上で、 AIプロダクトの開発を最大限マネジメント致します。具体的には、次のようなご要望がございます。

VOICE 1

AIを備えたプロダクトを作りたい

AIを備えたプロダクトを一から作りたい場合、設計開発の全項目を実現する必要があります。既存のプロダクトをAI化する場合でも、設計開発項目「アプリケーション自体」を省略できる一方で、AIエンジンを導入するにあたり、全体設計・構成を見直す必要があります。 また、どんなデータをどのように集積していくかというデザインには、AIの精度を大幅に向上させる上で専門的な知見が必要となります。本サービスでは、プロダクトの目的を明確にした後、全項目を総合的に観てご要件を把握・定義し、 運用環境に最適なプロダクトをご提案します 。

VOICE 2

AIアルゴリズムはもっているが、アプリケーション実装に困っている

AIエンジンの基本となるアルゴリズムを既にお持ちの場合でも、アプリケーションにする際には計算資源・環境を考慮した上で高速・高メモリ効率な実装を心がける必要があります。また、アプリケーションのUI/UX、及び得られるユーザデータによっては、その制約条件に適したAIエンジンを設計する必要もでてきます。本サービスでは、データの調査及び要件定義から始め、設計開発の各項目を具体化していきます。将来的な実用化を視野に入れたAIプロダクトの開発をしたい 、経営数値向上に直結するアプリケーションが欲しい、などのご要望に合わせた最適なアプリケーションをご提案致します。

VOICE 3

アプリケーション実用化に向け、既存の実装・アルゴリズムが最適なのかわからない

AIのプロトタイプを実用化する際、様々な問題が生じてきます。そもそも既存のAI実装は計算資源に最適化されているのか、パラメータチューニングは出力精度を最大化しているか、データの整形・特徴抽出は適切になされてるか、など考えなければならないことが膨大です。本サービスは、アプリケーションの目的を明確にした後、蓄積データや技術の調査を行い、上記各項目の観点から、今後の本実装及び運用へむけて最適なAI環境をご提案いたします。

REQUEST FORMお見積り依頼/お問い合わせ

作りたい
AIのレベル※QUALITY OF AI
作りたいAIの内容※CONTENTS

御社名※COMPANY NAME

部署POST

ご担当者さま※PERSON IN CHARGE

見積の種類※TYPE OF ESTIMATE
コンサルティング
設計、開発
保守
その他
プロジェクトへの
御社参加メンバー※ASSIGN MEMBER
開発期間※SCHEDULE
開発スタート時期BEGINNING OF DEVELOPMENT
想定予算※BUDGET
電話番号※PHONE

住所ADDRESS

メール※E-MAIL

ホームページ※WEB SITE

お問い合せ内容INQUIRY